老人ホーム 種類

老人ホームの種類

01老人ホームの種類

高齢化社会と言われている現在
老人ホームの需要や必要が高くなっています
もちろん家庭ですべての介護や生活ができるのであれば
そのような必要は低くくなっていくでしょう
現実は厳しいものとなっています

そのような需要の高い老人ホームですが
どのような種類があるのでしょうか?
介護目的などによって異なっているようです

リハビリや認知症のケアには
「老人保健施設」と言われるものがあります
入居期間が短期間に限定されているようです
リハビリや次の施設へのステップのために用いられるでしょう

「ケアハウス」と言われる施設もあります
軽い介護サービスで十分な方向けの老人ホームと言えるでしょう
独居老人など自立生活を送るかたにとって
有用な施設となるのではないでしょうか

「特別擁護老人ホーム」と言われるものもあります
これは介護状態が重い方向けの施設となっています
費用が低くおさえられることもメリットになっていますが
人気施設ほど入居まで時間がかかることが一般的ですので
申請から入居までの時間を十分に考慮することが必要です

「有料老人ホーム」も重度介護向けの施設となっています
特別擁護老人ホームとの違いは
国などの公的な補助がない施設であるということです
そのため費用が高く設定されていることもありますが
様々な条件を選択しやすいかもしれません

最近増えてきた老人ホーム形態のものもあります
「グループホーム」と言われるものもそのひとつです
上記の施設形態のものに含まれるものもありますし
ひとつの住宅で集団生活を行いながら
介護ケアが行われるという特徴を持っているものです

「高齢者向けマンション」も近年増加している施設です
このタイプのものはケアを行うというよりは
独居老人とならないように生活をサポートするための施設でしょう
ですからそれぞれの部屋を持つことができますし
プライバシーなども守られるようになっています

もちろん各老人ホーム施設では
入居条件や入居費用などがまちまちになっていますので
希望するところに確認をして
いくつかの施設を比較検討することが必要になるでしょう

 

【PR】看護のお仕事

02老人ホームの価格相場

様々な老人ホームの施設がありますので
それぞれの施設の価格相場を知ることが必要です
そうすることで様々な条件の違いがある施設の中から
介護の必要を補うために有用な施設を探すことができるでしょう

老人保健施設と言われる老人ホームの価格相場です
入居のために必要な初期費用はないようです
これは短期間限定の使用を目的としていることに関係があるのでしょう
そのため月単位での価格相場があるようです
十万円から二十万円の間となっているようです

ケアハウスタイプの老人ホームの価格相場です
この施設では介護内容によって価格が異なってきます
食事がついているかどうかによって変わることがあります
入所のための費用を求めているところもあります
月額の費用は十万弱から二十万円といったところです
介護保険を利用できることもありますので確認が必要です

特別擁護老人ホームの価格相場です
介護保険を活用することができますので
その部分の負担金は三万円程度でしょう
その他に生活費としてかかる費用があります
総額としては十万円弱から十五万円程度になっているようです

有料老人ホームの価格相場を考えましょう
民間施設であり公的な補助がありませんので
他の施設よりも高く設定されていることが多いでしょう
月額十五万円から三十万円程度が価格相場と言えるでしょう
入居金が必要とされることもありますので
施設内容も含めて十分に確認が必要でしょう

グループホームはどの程度の価格相場になっているでしょうか
地元に近い立場で介護を行っている施設ですが
費用は他の施設と同じ程度の価格相場になっています
月額十万円弱から十五万円程度が一般的でしょう
入居のための初期費用は異なっていますので
各々の施設について確認することにしましょう

高齢者向けマンションはどの程度の価格でしょうか
分譲マンションのこともありますので
一般的な相場を知ることは難しいでしょう
さらに地域による価格差もありますし
サービス内容による価格差もあるでしょう
十分な内容確認をすることにしましょう


【PR】ヒザ脱毛

コンテンツ一覧